専業主婦のカードローン審査

専業主婦でもカードローン審査に通る可能性はあります。一般的には収入がないと借り入れできないと思いがちです。確かに総量規制ができてから専業主婦の借り入れは難しくなったのは事実です。しかしすべての主婦が対象ではありませんし、金融機関によっても違います。銀行のカードローンなら借り入れができるかもしれないのです。

パートやアルバイトで定期的な収入がある主婦はカードローン審査が簡単にパスできます。もちろん担保は必要なく、必要なのは身分証明書や免許証などです。つまり住所と名前、さらに生年月日がわかるものです。場合によっては給料の所得証明書や源泉徴収票といった確実に収入を確認できるものが必要になります。初めてのカードローンならほとんど問題なく審査にパスできるといっていいでしょう。

定期的な収入がない専業主婦の場合は銀行へ申し込みましょう。その場合のカードローン審査はご主人の確認が必要です。ご主人の仕事、収入、特に勤続年数が重要な要素だと言われます。収入に関係なく利用できるカードローンは使い方によっては大変便利なもので、急な出費に対応するお助けアイテムなのです。とにかくすべての可能性を考えてみていろいろな金融会社に問い合わせてみることが大事です。

レディースキャッシングも結構利用されるようになりましたが、専業主婦の方はキャッシングを利用することが出来ないので、カードローンを利用することになります。専業主婦というのは収入を持っていないので、基本的にキャッシングは利用できないのです。総量規制の影響もあり、収入を自分で確保していない方は利用できません。

そのため対応しているカードローンを利用することになります。カードローンはやや利用限度額の制限が強くなっているものの、旦那の収入さえあれば利用することができますので、専業主婦の方でも借りられるようになります。